ホーム

馬券の当たりやすい買い方。確認したい3つのポイント


馬券の当たりやすい買い方についてです。

馬券が当たらない人はまずここからやってみるとよいですね。

ポイントは3つあります。

  • 馬券の種類
  • 馬の人気
  • 購入する調教師

逃げ宣言した馬は買いか?


逃げ宣言した馬は買いか?という話をしようと思います。

以前の記事で逃げ馬の回収率は100%を超えており、逃げ馬を買い続ければ勝てるという話をしました。
逃げ馬を買えば競馬は勝てる

そして、逃げ馬を探す方法としていくつかのヒントを書きました。
逃げ馬予想法。逃げ馬の見つけ方

では、G1競争等の大きなレースで稀に新聞などでニュースにされる、逃げ宣言についての考え方をお教えします。

馬券師の視点 馬主・調教師の視点で考える。無気力馬


馬券師の視点シリーズ3回目、馬主・調教師の視点に立って考える。です。

競馬が関係者にとっての経済活動の一つであるという話は以前しました。
(参考記事:馬券師の視点 調教師を見る

馬主は基本的にはお金持ちですから、道楽で馬主になっている人もいます。

それでもしかし、自分の所有馬がより多くの賞金を稼ぐことを期待しています。次の世代の馬も購入したいですし、所有馬を調教師に預けると預託料も支払わなければなりません。

馬主としてお金が回らなくなると馬主を続けることが難しくなるでしょう。

つまり馬主も調教師と同じく、自分の所有馬が、効率よく賞金を稼いでくれることを望んでいます。

競馬における賞金の仕組みとは?

画期的な競馬の税金問題判決(5月23日)


2013年5月23日は私の馬券に対する考え方を大きく転換しなくてはならない日になりました。
そして、馬券収入に対する税金に当ブログでの過去の発言をいくつか訂正・補足しなければなりません。

例の、競馬のハズレ馬券を経費として計上できるか?という問題に対する歴史に残る判決が下されたからです。

判決の要旨はこのようなところです。

  • 馬券の払戻金は基本的には一時所得である
  • ただし、一定のルールのもとで馬券を継続的に購入し、娯楽ではなく、資産運用の一種として運用している場合は、FX投資などと同じく雑所得とみなせる
  • つまり、払戻金から全ての馬券の購入費を経費として差し引き、実際の利益のみを所得とした

これだけを読むと、ある意味当然な判決です。ちなみに、今まではどうだったかというと、こちらの記事に書いたように、これまでは的中した馬券の購入額のみが経費として認められており、ハズレ馬券の購入金額は経費として計上できませんでした。

以前の記事と同じ例を使って解説すると・・・

「100レース均等に1万円購入し、そのうち1レースで100倍が的中した場合」も、
「100レース均等に1万円購入し、すべてのレースで1倍が的中した場合」も、
どちらとも馬券利益は0円。つまり税金を納める必要は無くなったということです。(ただし、継続的に投資として取り組んでいる場合)

今までの競馬必勝法に対する考え方を変更せねばならない

逃げ馬が有利なコース


逃げ馬が有利なコースという話をしようと思います。これも競馬の仕組みを馬券に活かす方法の一つです。

あまり気にされない方が多いかと思いますが、それぞれの競馬場には複数のコースがあります。Aコース、Bコース、Cコースなどと呼ばれています。これは、移動柵の位置による違いを表しています。

例えば東京競馬場を例にすると、Aコースは移動柵無し、Bコースは内ラチから3メートルの位置に移動柵を設置、Cコースは内ラチから6メートルの位置に移動柵を設置、Dコースでは更に3メートル移動して、内ラチから9メートルの位置に移動作を設置されています。

tokyo-keibajo-course

これが、馬券にどう関わってくるのか?について考えてみます。

レースで最も有利な走り方とは?

1 3 4 5 6 7 9
人気コンテンツ
新着記事
キーワード
アンケート

Warning: Use of undefined constant widget_stickysidebar2 - assumed 'widget_stickysidebar2' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/cycleproject/xn--zcrw55o.net/public_html/wp-content/themes/04the_world_cool/sidebar2.php on line 8