ホーム

ゴールドシップの宝塚記念(2013)を見て思い出した競馬必勝法のタマゴ


ゴールドシップの宝塚記念(2013)を見て思い出した、昔研究していた競馬術についてです。

ちなみに馬券必勝法と言えるほどのものではありませんので、競馬必勝法のタマゴという表現にしました。
今でも通用するかどうかはわかりませんのであしからず。

今年の宝塚記念は3強レースと言われていました。

ジェンティルドンナ、フェノーメノ、ゴールドシップの3頭です。

レースは3強の1角、ゴールドシップ(2番人気)が普段とは異なる前に出る競馬。先行集団からきれいに抜け出し、ゴール前では突き抜けて圧勝しました。

実は、この3強レースに着目した競馬必勝法を、昔(馬券生活をする前)に研究していたことがあります。

競馬必勝法として複勝馬券を推奨する理由まとめ


競馬必勝法として複勝馬券を推奨する理由まとめということで、お話します。

私が馬券生活をしていた当時の馬券術は、逃げ馬の複勝馬券を1点買いという方法をとっていました。

当ブログの人気記事の上位に、馬券は単勝より複勝が勝ちやすいという記事がありますが、複勝馬券を進める理由をちゃんとまとめた記事が無かったので、書いておこうと思います。

複勝を勧める理由その1 控除率

JRAプラス10の功罪


私が馬券生活をしていたころはこのような制度はありませんでした。

この制度、本当に馬券ファンにとってうれしいでしょうか?

また、どのように活用すべきでしょうか。

今回はこういう話です。

競馬で勝てないのは人と同じことをしているから


競馬に勝てない。馬券が当たらない。
それは、人と同じことをしているからです。という話。

人と同じことをしていたらなぜ勝てないのか、お話しします。

私が馬券生活を辞めた理由を乗り越えられますか?


馬券生活。

それは、自由気ままな生活です。

週に2日だけ仕事をすれば生活ができるのですから。

競馬が好きな人ならなおさらでしょう?

好きな競馬をしているだけで、生活ができるのですから。

とても魅惑的な言葉です。「馬券生活」

私はいったん馬券生活者になりました。しかし、私はこの馬券生活をやめて普通に会社勤めをする生活に戻しました。

まず、馬券生活の一般的なお話をし、最後に私が辞めた理由をお話しします。

人気コンテンツ
新着記事
キーワード
アンケート