ホーム

目先の儲けよりも正しい判断を下すことを重視する


ずいぶん長い間更新していなかったようです。

友人が競馬の話をしたのをきっかけに、このブログのことを思い出しました(^^)

せっかくなので、なにか書いておこうと思います。

・・・何の話をしようかなと思いましたが、時間が経ちすぎてここまでにどんなことを書いたのかが思い出せないので。。

内容がかぶっていたらすみません。

今回は、「馬券に関するすべての判断に感情を持ち込まない」という話です。

競馬に勝ちたいなら競馬専門紙の予想印に反映されないファクターを知っておこう


何度も言ってきているように、競馬の仕組みを知れば馬券生活が近づきます。逆に言えば、競馬の仕組みも知らないのに馬券生活は無理です。

馬券生活とまでは行かずとも、少しでもマイナスを減らしたいなら、競馬に関するあらゆることを勉強すべきです。

もちろん、馬券をレジャーとして楽しむだけなら、競馬に詳しくなる必要はありません。遊ばせてもらったと思って負けたお金は諦めたら良いと思います。

また、馬券生活も夢の様な生活ではないことは、このブログを読んでいただいたらなんとなくわかっていただけると思います。

それでも馬券で勝ちたい、負けを減らしたい。競馬必勝法を作り出して週休5日生活を目指したいなら、競馬の仕組みはもちろん、競馬自体だけでなく周辺の仕組みも知っておく必要があります。

特に、馬券生活者、馬券師。いわゆるプロであろうとするならば、馬券に関するあらゆることに手を抜けないですよね。

「プロなんだから。」この一言に尽きると思います。

久しぶりなので前置きが長くなってしまいましたが、今回は競馬専門紙の予想印についてのお話です。
(予想印という表現をしていますが、実はあれば予想ではないんですけどね。ま、それはまたの機会に・・)

競馬専門紙の予想印を参考にする馬券ファンは多いと思いますが、きちんと理解せずなんとなく利用している人は多いのではないでしょうか?

現代馬券術で重要なファクター。馬の能力を見極める方法は?


自分で競走馬の能力指数を開発して運用されている方もいますが、競走馬の能力というのは競馬においてはとても重要なファクターの1つです。

いくら調教師が優秀な戦略家であっても、実際にレースを走るのは馬であり騎手であり、その戦略を実現する力がなければ絵に描いた餅になってしまうからです。

そこで、競走馬の能力を見極めるために重要なファクターについてお話します。

私は、競走馬の能力を見極めるために必要な情報は2つあると考えています。

2歳下級条件戦のレースは買わない


若い馬の下級条件戦は見送るのが吉という話です。

下級条件戦とは、グレードレース以外のレースのことを言っています。

私はこの2歳下級条件戦は予想はしても購入はしないスタイルを貫いていました。(馬券生活をしていた当時は馬齢の数え方が違ったので3歳下級条件戦と呼んでました)

この記事ではその理由をお話いたします。

サラブレッドがレースを走る勝利以外の本当の目的に気づけば競馬必勝法が見えてくる


サラブレッド(競走馬)。それは競馬を構成する最も重要な構成要素です。

競馬必勝法を編み出し、馬券生活者になりたければ、このサラブレッドについてより深く知ってください。

サラブレッドは、いったい何のためにレースを走るのか?

今日はこんな話です。

サラブレッドについての良くある説明はこんな感じでしょうか。

サラブレッド (Thoroughbred) は、18世紀初頭にイギリスでアラブ馬やハンター(狩猟に用いられたイギリス在来の品種)等から競走用に品種改良された軽種馬である。
(中略)
現在の全てのサラブレッドは、父系(サイアーライン)を遡るとゴドルフィンアラビアン、バイアリーターク、ダーレーアラビアンのいずれかにたどりつく。これらを「三大始祖」という。
wikipediaサラブレッド

そして、レースに勝って活躍した馬だけが種牡馬・母馬になり遺伝子を後世に残すことができる。だから競走馬は勝つことが目的で、勝つことに価値がある。と。

この説明は、サラブレッドの歴史上の位置づけを説明したものとしては正しいですが、現実の競馬ではこの説明では全く説明が足りていません。

人気コンテンツ
新着記事
キーワード
アンケート