馬券に勝ち、勝ち組にまわりたいなら、馬券に勝つということについて定義し、目標を明確にすることです。

私が考える馬券の勝ち組の定義とは、たった1文で表せます。

税引き後の回収率が100%を超えること。

馬券生活をするなら、回収率100%では足りません。生活費の分が残らなければならないからです。

しかし、勝ち組という意味では、この定義でよいです。

よくある馬券必勝本・投資本が目標に設定するような、単に回収率100%ではダメです。

現行の法制度(2013.5.5時点)では、馬券で得た収入に対する税金の金額はとても大きいため、単に回収率100%超えを目標にすると痛い目にあいます。

(追記・補足)
2017年12月15日、最高裁にて競馬と税金に対する歴史的な判決がくだされました。

これにより、はずれ馬券も経費として認められる可能性がでてきました。
判決内容は、事業として継続的に一定の法則にしたがって馬券を購入する場合は、ハズレ馬券も経費として認められられるという内容です。

判決の内容はこちらからご確認ください。
所得税更正処分等取消請求事件 事件番号:平成28(行ヒ)303
追記・補足は以上です。

競馬場で直接馬券を現金で購入し、馬券1枚あたりの購入金額を調整しながら工夫すれば税金の支払いを免れることもできるかもしれませんが、それは脱税です。違法行為。

税金については別の記事に書くとして、馬券に勝ちたいならこの定義は頭に入れておき、

今買おうとしている馬券は、税金を支払った上で回収率100%を超えることができるのか?

という自問自答を繰り返すのです。

以上、馬券の勝ち組についてでした。

スポンサー
競馬予想のレジまぐ