ホーム » アーカイブ

競馬必勝法として複勝馬券を推奨する理由まとめ


競馬必勝法として複勝馬券を推奨する理由まとめということで、お話します。

私が馬券生活をしていた当時の馬券術は、逃げ馬の複勝馬券を1点買いという方法をとっていました。

当ブログの人気記事の上位に、馬券は単勝より複勝が勝ちやすいという記事がありますが、複勝馬券を進める理由をちゃんとまとめた記事が無かったので、書いておこうと思います。

複勝を勧める理由その1 控除率

画期的な競馬の税金問題判決(5月23日)


2013年5月23日は私の馬券に対する考え方を大きく転換しなくてはならない日になりました。
そして、馬券収入に対する税金に当ブログでの過去の発言をいくつか訂正・補足しなければなりません。

例の、競馬のハズレ馬券を経費として計上できるか?という問題に対する歴史に残る判決が下されたからです。

判決の要旨はこのようなところです。

  • 馬券の払戻金は基本的には一時所得である
  • ただし、一定のルールのもとで馬券を継続的に購入し、娯楽ではなく、資産運用の一種として運用している場合は、FX投資などと同じく雑所得とみなせる
  • つまり、払戻金から全ての馬券の購入費を経費として差し引き、実際の利益のみを所得とした

これだけを読むと、ある意味当然な判決です。ちなみに、今まではどうだったかというと、こちらの記事に書いたように、これまでは的中した馬券の購入額のみが経費として認められており、ハズレ馬券の購入金額は経費として計上できませんでした。

以前の記事と同じ例を使って解説すると・・・

「100レース均等に1万円購入し、そのうち1レースで100倍が的中した場合」も、
「100レース均等に1万円購入し、すべてのレースで1倍が的中した場合」も、
どちらとも馬券利益は0円。つまり税金を納める必要は無くなったということです。(ただし、継続的に投資として取り組んでいる場合)

今までの競馬必勝法に対する考え方を変更せねばならない

競馬と税金。課税対象について。


競馬、馬券で得た払戻金には税金がかかるという話です。

(追記・補足)
2013年5月23日、競馬と税金に対する歴史的な判決がくだされ、当記事のような考え方を適用しなくても良い場合が出て来ました。
判決内容は、事業として継続的に一定の法則にしたがって馬券を購入する場合は、ハズレ馬券も経費として認められられるという内容です。
詳しくはこちらの記事でおねがいします。
画期的な競馬の税金問題判決(5月23日)(2013/5/23)
追記・補足は以上です。

私が馬券生活をしていた頃は、インターネット投票の仕組みがまだまだ充実しておらず、競馬場やWINSで直接馬券を購入する方が多い時代でした。

直接馬券を購入した場合は、高額な払戻金を受け取るとき以外は誰にも会わずに受け取る事ができますので、あまり税金について意識する事も無かったかもしれません。

しかし、今はインターネット投票の環境が整備され、馬券収支は明確にデータとして残るようになりましたので、税金について気をつけておく必要があります。

競馬で稼いだ金額以上の税金を支払う事になったサラリーマンのニュースもありましたね。(記事投稿時はまだ判決は出ていません)

馬券は単勝より複勝が勝ちやすい


馬券の仕組みを知れば、馬券生活が近づきます。

以前、こちらの記事(馬券種別の選び方)では、馬連や3連単などの他の馬券と比較して、単勝馬券、複勝馬券の方が勝ちやすいと指摘しました。

今回は、単勝馬券と複勝馬券ではどちらが有利なのかを考えます。

答えは、複勝馬券です。

理由は2つです。1つは的中率の高さ。もう1つは課税対象の決定方法です。

的中率が高いという事は、手持ちの資金をすべて失って資金がつきる状態がおきにくいということです。

競馬を長く楽しみたい人にとって、ましてや馬券生活者にとっては、資金ショートしてしまうのが最も怖い事です。

お金を使ってお金を得るのが馬券生活ですから、手元のお金がなくなると収入が途絶えてしまい、手の打ちようがなくなるからです。

また、的中率が低い場合、追い上げ投資を行う事が難しくなるからです。
(別の記事で書きますが、追い上げ投資こそが回収率を向上させる唯一の手段なのです)

納税額についても的中率が大きく関わってきます。

現行の法(2013.5.6現在)では、馬券収入に関する経費は、的中した時の馬券購入資金だけが認められます。

つまり、ハズレ馬券は馬券収入の経費として認められません。

これにより、的中率が低い場合は、課税額が収入より大きくなってしまう可能性があります。

(追記・補足)
2013年5月23日、競馬と税金に対する歴史的な判決がくだされ、当記事のような考え方を適用しなくても良い場合が出て来ました。
判決内容は、事業として継続的に一定の法則にしたがって馬券を購入する場合は、ハズレ馬券も経費として認められられるという内容です。
詳しくはこちらの記事でおねがいします。
画期的な競馬の税金問題判決(5月23日)(2013/5/23)
追記・補足は以上です。

こちらも別の記事で詳しく書こうと思います。

競馬と税金。課税対象について。

以上、馬券は単勝より複勝が勝ちやすいでした。

データを制するものが競馬を制す PR
人気コンテンツ
新着記事
キーワード
リンク
アンケート