ホーム » アーカイブ

よく当たる競馬予想を無料で公開しているサイトはありますか?


私にも何度か聞かれたことのあるこの質問。

この質問について書いてみたいと思います。

あ、ちなみに、ネット上で掲示板やQ&Aサービスにこのような質問をする人は別ですよ。

あれはほとんどが競馬予想業者の自作自演ですからね。

つまり、あたかも一般人を装って、自分のサイトが良く当たりますよと回答することで、思慮の浅い人を誘導する罠です。

今回の話はそうではなくて、本当に面と向かって、聞いてしまう人のことです。

目先の儲けよりも正しい判断を下すことを重視する


ずいぶん長い間更新していなかったようです。

友人が競馬の話をしたのをきっかけに、このブログのことを思い出しました(^^)

せっかくなので、なにか書いておこうと思います。

・・・何の話をしようかなと思いましたが、時間が経ちすぎてここまでにどんなことを書いたのかが思い出せないので。。

内容がかぶっていたらすみません。

今回は、「馬券に関するすべての判断に感情を持ち込まない」という話です。

競馬に勝ちたいなら競馬専門紙の予想印に反映されないファクターを知っておこう


何度も言ってきているように、競馬の仕組みを知れば馬券生活が近づきます。逆に言えば、競馬の仕組みも知らないのに馬券生活は無理です。

馬券生活とまでは行かずとも、少しでもマイナスを減らしたいなら、競馬に関するあらゆることを勉強すべきです。

もちろん、馬券をレジャーとして楽しむだけなら、競馬に詳しくなる必要はありません。遊ばせてもらったと思って負けたお金は諦めたら良いと思います。

また、馬券生活も夢の様な生活ではないことは、このブログを読んでいただいたらなんとなくわかっていただけると思います。

それでも馬券で勝ちたい、負けを減らしたい。競馬必勝法を作り出して週休5日生活を目指したいなら、競馬の仕組みはもちろん、競馬自体だけでなく周辺の仕組みも知っておく必要があります。

特に、馬券生活者、馬券師。いわゆるプロであろうとするならば、馬券に関するあらゆることに手を抜けないですよね。

「プロなんだから。」この一言に尽きると思います。

久しぶりなので前置きが長くなってしまいましたが、今回は競馬専門紙の予想印についてのお話です。
(予想印という表現をしていますが、実はあれば予想ではないんですけどね。ま、それはまたの機会に・・)

競馬専門紙の予想印を参考にする馬券ファンは多いと思いますが、きちんと理解せずなんとなく利用している人は多いのではないでしょうか?

2歳下級条件戦のレースは買わない


若い馬の下級条件戦は見送るのが吉という話です。

下級条件戦とは、グレードレース以外のレースのことを言っています。

私はこの2歳下級条件戦は予想はしても購入はしないスタイルを貫いていました。(馬券生活をしていた当時は馬齢の数え方が違ったので3歳下級条件戦と呼んでました)

この記事ではその理由をお話いたします。

競馬に関する最も信じてはいけないアレの話とその活用法


競馬に関する最も信じてはいけないものは何か?

なんだと思いますか?

今回はこんな話です。

JRAプラス10の功罪


私が馬券生活をしていたころはこのような制度はありませんでした。

この制度、本当に馬券ファンにとってうれしいでしょうか?

また、どのように活用すべきでしょうか。

今回はこういう話です。

競馬で勝てないのは人と同じことをしているから


競馬に勝てない。馬券が当たらない。
それは、人と同じことをしているからです。という話。

人と同じことをしていたらなぜ勝てないのか、お話しします。

逃げ宣言した馬は買いか?


逃げ宣言した馬は買いか?という話をしようと思います。

以前の記事で逃げ馬の回収率は100%を超えており、逃げ馬を買い続ければ勝てるという話をしました。
逃げ馬を買えば競馬は勝てる

そして、逃げ馬を探す方法としていくつかのヒントを書きました。
逃げ馬予想法。逃げ馬の見つけ方

では、G1競争等の大きなレースで稀に新聞などでニュースにされる、逃げ宣言についての考え方をお教えします。

競馬必勝法!誰がやっても同じ買い目。の罠。


世の中には、競馬必勝法ないしは競馬予想ソフトといった類の商材が数多く存在していますね。典型的なその謳い文句、セールスレターは概ねこういった趣旨のものです。

予想時間はたったの1分!!誰がやっても同じ買い目がでるので再現性抜群!

短時間で予想が完了して、誰がやっても同じ買い目が導き出せるから、あなたもこの方法を使えば勝てますよ!

というのが言いたいことではあるのですが、このような売り方をしている教材では、確実に勝てません。

なぜでしょう?簡単です。

どこがおかしいのか?

このセールスレターのどこがおかしいのか?

それは、後半の部分です。(当たり前の話なので、理由は短めに述べたあとで、関連する別の話をしようと思います)

「誰がやっても同じ買い目がだせる」→「あなたにもできる(だからあなたも勝てる)」

ここが、明らかにおかしいです。競馬の仕組みを知っていれば、簡単にわかりますよね。

こういった、ロジックの検証を行うときは、極端な例で考えると非常にわかりやすくなります。やってみましょう。

「誰がやっても同じ買い目がだせる」

「全員が同じ馬券を購入するとどうなるか?」

「オッズが1.0倍になる」

「回収率が最高100%」

「勝てない」

こういうことです。当たり前ですね。

本当に勝てる必勝法であればあるほど、口コミ効果で噂が広がり、多くの方が同じ方法をとるようになります。
すると、自分一人が実践していた時には勝てた必勝法も、勝てなくなることは明白です。

馬券必勝法を購入する価値は無いのか?

馬券師の視点 競馬のハンデ戦ではハンデの重い馬に注目


競馬のハンデ戦ではハンデの重い馬に注目するべき。というお話をします。

競馬の仕組みを知れば馬券生活に近づきます。というのは何度も繰り返し言っていますが、ハンデ戦ではハンデキャッパーという存在が競馬の仕組みの中に入ってきます。

このハンデキャッパーの仕事を通して、ハンデ戦の馬券の買い方が見えてきます。

データを制するものが競馬を制す PR
人気コンテンツ
新着記事
キーワード
リンク
アンケート