ホーム

馬券は単勝より複勝が勝ちやすい


馬券の仕組みを知れば、馬券生活が近づきます。

以前、こちらの記事(馬券種別の選び方)では、馬連や3連単などの他の馬券と比較して、単勝馬券、複勝馬券の方が勝ちやすいと指摘しました。

今回は、単勝馬券と複勝馬券ではどちらが有利なのかを考えます。

答えは、複勝馬券です。

理由は2つです。1つは的中率の高さ。もう1つは課税対象の決定方法です。

的中率が高いという事は、手持ちの資金をすべて失って資金がつきる状態がおきにくいということです。

競馬を長く楽しみたい人にとって、ましてや馬券生活者にとっては、資金ショートしてしまうのが最も怖い事です。

お金を使ってお金を得るのが馬券生活ですから、手元のお金がなくなると収入が途絶えてしまい、手の打ちようがなくなるからです。

また、的中率が低い場合、追い上げ投資を行う事が難しくなるからです。
(別の記事で書きますが、追い上げ投資こそが回収率を向上させる唯一の手段なのです)

納税額についても的中率が大きく関わってきます。

現行の法(2013.5.6現在)では、馬券収入に関する経費は、的中した時の馬券購入資金だけが認められます。

つまり、ハズレ馬券は馬券収入の経費として認められません。

これにより、的中率が低い場合は、課税額が収入より大きくなってしまう可能性があります。

(追記・補足)
2013年5月23日、競馬と税金に対する歴史的な判決がくだされ、当記事のような考え方を適用しなくても良い場合が出て来ました。
判決内容は、事業として継続的に一定の法則にしたがって馬券を購入する場合は、ハズレ馬券も経費として認められられるという内容です。
詳しくはこちらの記事でおねがいします。
画期的な競馬の税金問題判決(5月23日)(2013/5/23)
追記・補足は以上です。

こちらも別の記事で詳しく書こうと思います。

競馬と税金。課税対象について。

以上、馬券は単勝より複勝が勝ちやすいでした。

馬券種別の選び方


馬券で勝ちたいなら、馬券の仕組みを知る必要があります。

以前書いた(↓)ように馬券はゼロサムゲームです。
馬券の勝ち組になりたいなら意識しておくべき事実

胴元のJRAが決めるルールの中で回収率を上げ、勝っていかねばなりません。

馬券種別の選び方についても同じです。

より有利な馬券種を買うという選択をすべきです。

馬券の勝ち組になりたい人が意識しておくべき事実


馬券で勝ちたいなら、馬券の仕組みを知る必要があります。

馬券に勝ちたいなら、自分がどういったルールの世界で勝負しているのかを知り、そのルールを最大限活用して勝たなければなりません。

馬券とは、そのレースの馬券購入金額の中から、胴元であるJRAが運営費や賞金などを取り除いた金額を、的中者が投票金額に応じて分割して受け取る仕組みです。

つまり、競馬は、馬券購入者同士でお金を奪い合うゲームです。

馬券の勝ち組とは?


馬券に勝ち、勝ち組にまわりたいなら、馬券に勝つということについて定義し、目標を明確にすることです。

私が考える馬券の勝ち組の定義とは、たった1文で表せます。

税引き後の回収率が100%を超えること。

馬券生活をするなら、回収率100%では足りません。生活費の分が残らなければならないからです。

馬券は当たらないのがあたりまえ


馬券を知ることで馬券生活が近づきます。今日は考え方の話。

競馬に絶対はありません。馬券は当たらないのがあたりまえなのです。
だから、絶対必中・鉄板などと思わないこと。全力勝負はしないこと。

これは特に、馬券生活者になるために必ず持っておくべき心得です。

馬券生活者にとって馬券はギャンブルではなく、投資。生活をかけるのですから。

1 9 10 11
データを制するものが競馬を制す PR
人気コンテンツ
新着記事
キーワード
リンク
アンケート