ホーム » コラム » 

馬券生活時代の失敗談。人はミスする生きものである


何度も紹介していますが、私の競馬必勝法の中で最も重要な要素は追い上げ投資です。
参考記事⇒競馬の勝ち方 馬券の買い方。基本戦略と戦術

この追い上げ投資に関する私の失敗談をお話しします。

本当は、有名な追い上げ投資術についてそれぞれ解説記事を順番に書こうと思っていて、マーチンゲールとココモ法まで書いたのですが、自分が使ってない投資術について書くのが億劫でして。。
マーチンゲール法についての解説記事
ココモ法についての解説記事

ただ、ブログの更新をさぼるくらいなら、何でもいいから好きなこと書こうというのが今日の心境です^^

で、私の一番恥ずかしい失敗談をしようかなと思い、書くことにしました。

ゴールドシップの宝塚記念(2013)を見て思い出した競馬必勝法のタマゴ


ゴールドシップの宝塚記念(2013)を見て思い出した、昔研究していた競馬術についてです。

ちなみに馬券必勝法と言えるほどのものではありませんので、競馬必勝法のタマゴという表現にしました。
今でも通用するかどうかはわかりませんのであしからず。

今年の宝塚記念は3強レースと言われていました。

ジェンティルドンナ、フェノーメノ、ゴールドシップの3頭です。

レースは3強の1角、ゴールドシップ(2番人気)が普段とは異なる前に出る競馬。先行集団からきれいに抜け出し、ゴール前では突き抜けて圧勝しました。

実は、この3強レースに着目した競馬必勝法を、昔(馬券生活をする前)に研究していたことがあります。

データを制するものが競馬を制す PR
人気コンテンツ
新着記事
キーワード
リンク
アンケート