ホーム » 馬券で勝つための心得 » 競馬と税金。課税対象について。

競馬と税金。課税対象について。


競馬、馬券で得た払戻金には税金がかかるという話です。

(追記・補足)
2013年5月23日、競馬と税金に対する歴史的な判決がくだされ、当記事のような考え方を適用しなくても良い場合が出て来ました。
判決内容は、事業として継続的に一定の法則にしたがって馬券を購入する場合は、ハズレ馬券も経費として認められられるという内容です。
詳しくはこちらの記事でおねがいします。
画期的な競馬の税金問題判決(5月23日)(2013/5/23)
追記・補足は以上です。

私が馬券生活をしていた頃は、インターネット投票の仕組みがまだまだ充実しておらず、競馬場やWINSで直接馬券を購入する方が多い時代でした。

直接馬券を購入した場合は、高額な払戻金を受け取るとき以外は誰にも会わずに受け取る事ができますので、あまり税金について意識する事も無かったかもしれません。

しかし、今はインターネット投票の環境が整備され、馬券収支は明確にデータとして残るようになりましたので、税金について気をつけておく必要があります。

競馬で稼いだ金額以上の税金を支払う事になったサラリーマンのニュースもありましたね。(記事投稿時はまだ判決は出ていません)

スポンサードリンク

馬券で得た配当金の税法上の扱い

国税庁のホームページにはっきりと書いてあるように、馬券で得た配当金は、一時所得という区分で所得税の対象になります。
参考:国税庁 一時所得解説ページ

課税対象となる収入の計算式は、これです。

(総収入金額 - 収入を得るために支出した金額 - 特別控除額(最高50万円))÷ 2

馬券に置き換えて書き直すと、こうなります。

(年間馬券収入-馬券購入費用-特別控除額50万円)÷ 2

この額がそのまま納税金額ではありません。
一時所得とその他の収入と合計して、総所得額を計算した上で、課税率が決まります。

スポンサードリンク

ただし、馬券購入費用の対象は、払い戻しを受けた馬券の購入金額の合計です。

ハズレ馬券(払い戻しを受けなかった馬券)を購入したお金は、「収入を得るために支出した金額」と言えないのです。
なぜなら、ハズレ馬券を購入してもしなくても、受け取る払戻金には影響が無いからです。

払戻金の課税対象額の具体的な計算例

具体的に、2つの事例で比較してみると良くわかります。

【事例1】
100レース均等に1万円購入し、そのうち1レースで100倍が的中した場合・・・

(総収入金額 - 収入を得るために支出した金額 - 特別控除額(最高50万円))÷ 2
=(1万円×100レース - 1万円 - 50万円)
=49万円

この場合、課税対象額は49万円です。

【事例2】
100レース均等に1万円購入し、すべてのレースで1倍が的中した場合・・・

(総収入金額 - 収入を得るために支出した金額 - 特別控除額(最高50万円))÷ 2
=(1万円×100レース - 1万円×100レース - 50万円)
=0円(マイナスになる場合は0円とする)

この場合、課税対象額は0円です。つまり、納税の必要はありません。

馬券的中率と税金

2つの事例を比較すると分かるように、的中率が高ければ高いほど、「収入を得るために支出した金額」として収入から引き算することができます。

逆に的中率が低いと、利益よりも大きな金額の税金を支払う必要がでてくるのです。
(事例1では馬券の利益は0円にも関わらず課税されてしまいます)

非常に疑問に思う内容ですが、現行法ではこの計算方法で正しいです。

日本の法律の基本思想として、国民は健全な生活を送るべきという考え方があり、ギャンブルを推奨する訳には行きませんし、ハズレ馬券を経費に含めてしまうとハズレ馬券を拾って脱税が可能ですから。

以上、競馬と税金、その課税対象についてでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ここまでお読みいただきありがとうございました。関連記事を読めばもっと馬券がうまくなる!!

⇓ブログランキング参加中です。応援クリックをいただくと次の記事を書く意欲がわきます
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

応援ありがとうございました!m(_ _)m


競馬投資大百科
スポンサードリンク
データを制するものが競馬を制す!!


 

この記事に関連する記事一覧

データを制するものが競馬を制す PR
人気コンテンツ
新着記事
キーワード
リンク
アンケート