ホーム » 競馬ソフト・教材・書籍 » 穴馬を狙う?そんな必要ありません!競馬投資大百科 ビクトリーエレメンツセミナー 第4部を視聴して

穴馬を狙う?そんな必要ありません!競馬投資大百科 ビクトリーエレメンツセミナー 第4部を視聴して


前回の記事の続きで馬券投資大百科の学習過程とレビューです。

購入した理由など、このシリーズを最初から読みたい方はこちらの記事から御覧ください。

馬券生活者なら常識?競馬投資大百科完全版という教材を買ってみました

競馬投資大百科を購入したため、内容を確認しながら最近の競馬事情、競馬に勝つヒントを探しているところですね。

今回はビクトリーエレメンツセミナーの第4部を視聴して感じたことを書いていきます。

スポンサードリンク

基本となる馬券種はやはり複勝

とりあえず概要を紹介しておきますね。

 

この動画では、馬券種の選び方についての解説がされていました。

SnapCrab_NoName_2015-4-7_2-25-59_No-00

やはり基本となる馬券種は複勝です。

ただ、複勝馬券しか買わないわけではありません。

SnapCrab_NoName_2015-4-2_7-0-36_No-00

基本的には複勝をベースに検討を行うが、複勝よりも効率的な馬券があれば、他の馬券種も購入しなさいという話です。

そして、どういった時にどの馬券種を選ぶか?の解説につながっていく。

こういった話の流れになっていました。

おそらく、自分の力で競馬に勝てない方は気づいてない内容だろうと思います。

 

私も馬券で勝ちに近づくための戦術としては、複勝馬券での勝負を推奨していますから、

「そうそう!さすが、よくわかってる」という感じで、共感しながら試聴することができました。

参考記事→競馬必勝法として複勝馬券を推奨する理由まとめ

ただ、私が記事で触れなかった(けれども重要な)ことについての話もいくつかありましたので、

せっかくですからその中の1つを紹介しようと思います。

穴馬を狙う必要なんて無い

SnapCrab_NoName_2015-4-7_2-25-59_No-00

上の画像に、「複勝はなぜ跳ねるのか?」という文字が書かれていますが、これについてです。

そう、複勝馬券は、思いがけずオッズが高くなる場合があります。

これは、複勝馬券の払い戻しの仕組みが関わっている話です。

ちょうど先日、久しぶりに馬券を購入した記事を書きましたので、これを使って説明しましょうか。

私が購入した、2015年4月4日(土) 2回阪神3日の第10R「ラジオ関西賞仲春特別」のオッズは、このようになっていました。

SnapCrab_NoName_2015-4-7_2-43-38_No-00

私が購入した馬は、2番のステイウェルです。

ステイウェルの複勝オッズ(単勝2番人気)は、こうなっていて、2.0倍~2.6倍の幅があります。

SnapCrab_NoName_2015-4-7_2-45-4_No-00

スポンサードリンク

このオッズの幅の中で、レースが固く収まるとオッズの低い方に、レースが荒れるとオッズの高い方に近い払戻金が確定するんです。

実際のレース結果はこうでした。

SnapCrab_NoName_2015-4-7_2-46-59_No-00

SnapCrab_NoName_2015-4-7_2-47-11_No-00

普通、単勝2番人気、複勝3番人気の配当は、150円~200円くらいです。

250円の配当は、人気馬にしてはとても美味しい部類の馬券といえるんですが、

これがどうしてこんな配当がつくかというと・・

1着と3着に、人気薄の馬が入ってきてるからなんです。(このレースでは7番人気と12番人気)

実は複勝馬券は、上位3着までに入った馬が、人気サイドであれば配当は低く、人気薄サイドであれば配当が高くなる、という性質があるんですね。

簡単に言うと、複勝馬券の配当金の決め方は、このような感じです。(正確ではありません)

  • まず総配当金額から1着~3着に入った馬それぞれに100円の配当をした時の払戻金の総額を引く(=A)
  • Aを3等分する(=B)
  • B÷(各馬への投票数)+100円が配当金となる。

つまりですね、

人気馬同士で決着した場合はAの金額が小さくなる。

逆に人気馬が消えた時はAの金額が大きくなる。

複勝の配当金を決める計算式は、こういう性質を持っています。

 

自分は的中率を重視して馬券を選んでいても、他の人気馬がこけてくれれば美味しい配当を手にすることが可能。

これが複勝馬券の良い所なのです。

 

他の馬券種だとこうはいきませんよね。

例えば単勝馬券や馬連馬券で高配当を取ろうと思ったら、リスクを負い(的中率を犠牲にして)、それなりの人気薄の馬券を購入する必要があります。

  • 自分が狙った馬以外の馬が人気薄なら、得られる配当も大きくなる。
  • しかも自分はわざわざリスクを負う必要はなく、的中率を重視していれば良い

この複勝馬券の性質が、長い目で見るとあなたの馬券収支の安定化に非常に大きく貢献してきます。

そう、美味しい馬券を手に入れるために、穴馬を狙う必要なんて無いんです。

1番人気の馬でさえ、放っておいても3割以上は馬券圏外に飛んでしまうのですから、複勝馬券を無理せず買っていればよいのです。

次の記事はこちらです。→勝ちたければあらゆるデータを検証しなさい。~競馬投資大百科 ビクトリーエレメンツセミナー 第5部を視聴して~

この記事のきっかけになった参考書

この記事の参考資料は、競馬投資大百科完全版に含まれる動画セミナー(ビクトリーエレメンツセミナーの第4部)です。

この記事に挙げた以外にも非常に興味深い視点、データ、テクニックについて言及されており、

  • あなた独自の馬券術を作りたいと思っている方
  • 負け組から脱したいとお考えの方

には、私としては手放しでおすすめできる教材です。

きっとあなたの競馬力ひいては収支を向上させてくれるでしょう。

競馬投資大百科へ参加するかたは下のリンクをクリック!

競馬投資大百科完全版

SnapCrab_NoName_2015-3-20_7-1-7_No-00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ここまでお読みいただきありがとうございました。関連記事を読めばもっと馬券がうまくなる!!

⇓ブログランキング参加中です。応援クリックをいただくと次の記事を書く意欲がわきます
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

応援ありがとうございました!m(_ _)m


競馬投資大百科
スポンサードリンク
データを制するものが競馬を制す!!


 

この記事に関連する記事一覧

データを制するものが競馬を制す PR
人気コンテンツ
新着記事
キーワード
リンク
アンケート