ホーム » 競馬ソフト・教材・書籍 » 馬券生活者なら常識?競馬投資大百科完全版という教材を買ってみました

馬券生活者なら常識?競馬投資大百科完全版という教材を買ってみました


馬券生活をやめてからというもの、ここ最近の競馬事情がよくわかってないので、競馬に真剣に取り組む方にとっては常識かもしれませんが・・

競馬投資大百科という競馬教材をご存知でしょうか?

こちらなんですが→競馬投資大百科完全版

馬券生活をやめてからというもの、こういった競馬関係の書籍や教材に手を出すことはなかったんですけどね、

先ほど購入しちゃいました(^^)

まだ購入したばかりなので、内容の確認はできていないですが、ざっとみたところかなりボリュームのある教材のようです。

大雑把に書きますと、このような構成になっていました。

  • 競馬セミナー動画(約6時間)
  • 競馬関連データ(各競馬場のコース別に騎手、枠順、血統別統計データ)をまとめた資料
  • このデータを使って狙い馬を抽出するための考え方をまとめた資料
  • サラブレッドの本質、個別ファクターの扱い方などをまとめた資料
  • 馬券種に関する基礎知識、選ぶ基準をまとめた資料
  • 勝ち組チェックシートという名称の予想補助ツールとその作り方

メインコンテンツは、合計6時間、5本立ての競馬セミナー動画のようです。

まだ中身をじっくり確認したわけではなく、さらっと眺めてみた程度ですから、

この教材から何を得られたか?

という話をする段階にはありません。

ただ、せっかく高価な買い物をしましたし、このブログの記事ネタにもなりそうなので、

これから数日かけて内容確認しながら、中身の紹介をしていこうかなと思います。

今日は、私がこの教材を購入した経緯と、選んだ理由を書いておきます。

興味のない方にとっては不要な情報ですみませんが、私自身の記録ということでご容赦ください・・

スポンサードリンク

私が競馬投資大百科を購入した経緯

私が、競馬投資大百科を購入した経緯ですが・・

最近ですね、先日紹介した賭けの考え方という書籍を読んだり、最近、古い競馬友達と再会して話したりして、

馬券生活していた頃を思い出すことが増えたんですね。

そして、馬券生活をしていた時期のことを思い出すことが多くなりました。

するとですね、なんかこう思っちゃったんです。

「ちょっとだけ競馬をやってみようかな(^^)」

もちろん、今は家庭持ちのサラリーマンとして普通の生活をしていますし、

あの頃のようなストイックな生活の馬券生活者に戻る気はまったく無い(というかもうぬるま湯のサラリーマン生活に慣れきってしまいました)ので、

「遊び感覚で」という事にはなりますが、

やっぱりやるからには大負けは避けたいですよね。

悲しいかな、お小遣いにも限界がありますし。。(><)

ただ、そうなると問題があります。

それは、「競馬に関する環境が、以前とは変わっている」ということです。

しかも最も怖いのは、どこが変わっているのかがわからない。っていうことです。

長い期間、競馬から離れていましたからね。。

このブログでお話してきた考え方や、普遍的なデータ(単勝1番人気の勝率など)は、現在も有効だと思いますが、

例えば、競馬場の改修やレーシングプログラムの変更、調教施設や血統、あらゆるものが新しくなっている(はず)です。。

そうなってくると、

私が以前に使っていた方法やデータが今でも通用するかどうかは非常に怪しい。

そしてさらに悪いことに、

そもそも私が以前使っていた手法は、長い期間研究を行い、調教師の癖や狙いを見極める方法でした。。

昔の私の馬券術は、真剣に継続するから意味があったわけで、ちょっと遊び感覚で遊ぶ気持ちで競馬に臨んでいては、おそらくまったく通用しない方法なんですよね。。

つまり、私の武器(具体的な馬券術)は、今ではすでに武器ではなくなってしまった可能性が高いのです。

このままじゃ、丸腰で戦場に向かうようなもの。。(なけなしのお小遣いの危機^^)

スポンサードリンク

ということで、とりあえず最近の競馬事情を少しは知っておこうということで、良さそうな教材を探した。

丸腰で挑むよりは、負け分を減らせるかなと
(´-`).。oO(こんな甘い考えで勝てるようになるとは思ってないです)

これが経緯になります。

数ある教材の中から競馬投資大百科を選んだ理由

次は、競馬に関する書籍、教材はたくさんあるなかで、競馬投資大百科を選んだ理由です。

最初は、以前このブログでも紹介した、単撃 TANGEKIという教材にしようと思ったんですけどね。

書店で本を数冊買うくらいということで、割と安いですし、私の考え方とも相性が良さそうですし。

しかし、「最近の競馬事情を知る」という目的からするとちょっと古いかなと思ってやめました。

せっかくなのでもう少し新しい教材の中から選ぼうかなと。

そこで、まずは競馬関連教材の売れ筋ランキングを確認したんですね。

そこから、競馬ソフトなどのツール類は排除して、売れてる順に並べて1位にあったのが、競馬投資大百科完全版でした。

その後、競馬投資大百科完全版について検索して、評判を確認して・・・

とりあえず検索した結果としては、

「ちゃんと中を確認してない(つまり買ってない)」人が、アフィリエイト報酬を得るためだけに書いたような、

内容の薄い残念な紹介記事がほとんどで、あまり参考にはならなかったのですが・・

たった1人だけ、この教材は具体的な方法を教えるものではなく、考え方を教えるものである、と紹介していた人がいたんですね。

そこでインスピレーションが合ったというか、

「私と考え方が合う教材かも??」

と感じたんです。

私もこのブログに具体的な手法については書いてないですが、そうなんですよね。

具体的な方法を教えたとしても、みんなが真似したらオッズが下がり、回収率が下がり、結局必勝法じゃなくなってしまします。

この話は、過去の記事でも書きましたね。(当ブログ人気記事の1つです→競馬で勝てないのは人と同じことをしているから

つまり、学ぶべきは具体的な手法(戦法)ではなく、考え方(戦略)だと思っているので、合うな!と感じたんです。

他に検索した中では、悪い評判もありませんでしたし、詐欺商材でもなさそう、ということで、購入を決めました。

ここからは早かったですね(^^)

ただ、競馬情報(研究すること)に貪欲だったあの頃(馬券生活してた頃)だったら、投資=利益の糧、失敗経験もまた利益という考え方のもと、もっと簡単に購入を決めてたと思いますが(笑)

ま、今はプロではないですから慎重になってしまいます(^^)

ということで、

久しぶりに購入してみた、

直球の競馬教材「競馬投資大百科完全版

次の記事から、中身に触れつつ感想を書いていきたいと思います。

私の(過去の)馬券術、考え方と照らし合わせながら、感じたことを記録していけたら、あとで自分が読み返しても面白そうですしね!

↓次の記事はこちらです↓
~競馬に勝つ考え方~ビクトリーエレメンツセミナー(競馬投資大百科)の第一部を視聴して感じたこと

この記事のきっかけになった参考書

興味のある方のために、公式ページへのリンクを張っておきます。

メルマガ登録すると無料で内容を見ることができます(全部じゃないです)

競馬投資大百科完全版
SnapCrab_NoName_2015-3-20_7-1-7_No-00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ここまでお読みいただきありがとうございました。関連記事を読めばもっと馬券がうまくなる!!

⇓ブログランキング参加中です。応援クリックをいただくと次の記事を書く意欲がわきます
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

応援ありがとうございました!m(_ _)m


競馬投資大百科
スポンサードリンク
データを制するものが競馬を制す!!


 

この記事に関連する記事一覧

データを制するものが競馬を制す PR
人気コンテンツ
新着記事
キーワード
リンク
アンケート